« しりとり切り絵・7日目・源氏物語→「り」 | トップページ | しりとり切り絵9日目・カンカン石→「し」 »

2012年6月 2日 (土)

しりとり切り絵・8日目・理科→「か」

◆カンカン石(いし)◆

 正式名は讃岐岩(さぬきがん・サヌカイト)は、名称の元である香川県坂出市国分市周辺や、

 大阪府と奈良県の境にある二上山周辺で採取される、非常に綿密な古銅輝石安山岩(こどうきせきあんざんがん)。

 固いもので叩くと高く澄んだ音がするので、カンカン石とも呼ばれている。

 古代には石器の材料として使われていた。       (ウィキペディアより)

Img128_convert_20120602182934

父の実家が香川県で、帰省の時にはいつもカーフェリーを使用していました。

 その高松フェリーターミナルのお土産売り場に行くのが、実は何よりの楽しみでした。

 このカンカン石に触れるからです。

 もちろん、とぉ~っても、欲しかったです(笑)

 当時の私は「カンカン石は宇宙の音」と勝手に決めており、叩くと宇宙への扉が開く気がして

 毎回ドキドキしながら叩いていました。(ホントに開いたらエライ事になりますが…)

 実際には宇宙ではなく、東京オリンピックへの扉を開く(開会式)時に鳴らされたのだそうです。

 その時の音、一度聴いてみたいなぁ♪

 覚えている方、いらっしゃいますか?

 

 

 

« しりとり切り絵・7日目・源氏物語→「り」 | トップページ | しりとり切り絵9日目・カンカン石→「し」 »

趣味」カテゴリの記事

フォト

私の大好き異空間 Ms.NAOMI さん による 「ドールの世界」への扉です。

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ