« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

しりとり切り絵・27日目・アンモナイト→「と」

◆トビウオ◆

 トビウオ(飛魚)は、ダツ目トビウオ科に属する魚類の総称。

 太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯から温帯の海に生息する海水魚で、

 世界で50種ほど、日本近海でも30種ほどが知られる。

 「トビウオ」の名前の由来は、水上に飛び出し胸ヒレを大きく広げて

 滑空することから。

 九州や日本海側ではアゴの別名で呼ばれる。

 島根県の「県の魚」に指定されている。

 (ウィキペディアより)

Img146


ひと飛び400メートル!で海上を滑空するというトビウオさん。

 宇宙まで飛んで行け~\(^o^)/←暑さでヤラレテマス。

 しかし、滞空時間3~40秒の間、

 あのでっかい目は乾燥しないのか…!?

 ドライアイの私はちょっと、気になります。

2012年7月30日 (月)

しりとり切り絵・26日目・ギア→「あ」

◆アンモナイト◆

 アンモナイト(分類名:アンモナイト亜綱)は、古代シルル紀末期(もしくはデボン紀中期)

 から中生代白亜紀末までのおよそ1億5000万年前までの間を、海洋に広く分布し

 繁栄した頭足類のひとつ。

 全ての種が平らな巻貝の形をした殻を持っているのが特徴である。

 (ウィキペディアより)




Img148


◆暑い…。

 暑すぎてめまいがします。

 アンモナイトを切り抜いて、更にめまいが加速しました。

 パソコン様も熱中症になっているのか、ちょいと動作がのんびりです。

 背景は…アンモとは何の関係もございません。

 何も思いつかなかったので…早く冬が来ないかな…と、

 願いを込めてみました(笑)

2012年7月29日 (日)

月光夜会

☽月のイメージで作った切り絵をまとめてみました。

  調子ノリです(笑)

2012年7月28日 (土)

しりとり切り絵・25日目・雲形定規→「ぎ」

◆ギア◆

 ギア(歯車)とは、主に動力の伝達に用いられる機械要素である。

 英語ではGearで、日本語ではギア、ギアーと表記されることもあるが、

 JISでの表記はギヤである。 減速や増速や、回転軸の向きを変えたり

 回転の方向を変えたり、動力の分割等に用いられる。

 (ウィキペディアより)

Img145


◆歯車、夏模様(笑) 

 プリティーウーマンのギアさんも好きです。

2012年7月27日 (金)

しりとり切り絵・24日目・四角→「く」

◆雲形定規◆

 雲形定規(くもがたじょうぎ、うんけいじょうぎ)は、曲線定規の一種。

 雲のような形をしている定規。

 (ウィキペディアより)

Img144


◆漫画の描き方と言う本などに「漫画を描く時揃えたい道具」のひとつとして

 必ず出て来る雲形定規。

 「使わないだろうな…」と言う予感満々ではありましたが、

 プロっぽい❤感じがして去年買ってしまいました(笑)

 ようやく使えました。

 使い方が…ちょっと…違いますが…。

2012年7月26日 (木)

しりとり切り絵・23日目・牛→「し」

■四角■

 四角は、四つの角がある図形である。

 (ウィキペディアより)

Img143_2


切り絵で、一番楽…いえ、好きな形です。

 

2012年7月25日 (水)

しりとり切り絵・22日目・迷走→「う」

◆牛◆

 ウシ(牛)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ウシ亜科の動物。

 野生のオーロックス(絶滅)を元にして、新石器時代に西アジアで家畜化されたと

 考えられる。 

 (ウィキペディアより)

Img142


牛の絵で一番好きなのが、某石鹸のパッケージの牛さん↑です。

 子供の頃、この紙箱を集めておりました。

 収集箱を開けると良い香りがして…♡

 しかし、同じ石鹸箱を山ほど集めてうっとりと眺めている子供を見て、

 母は一体何を思っていたのか…。

 気にはなりますが、聞くのが怖い気もします。

 

2012年7月24日 (火)

暑中お見舞い申し上げます

2012年7月23日 (月)

しりとり切り絵・22日目・迷走→試験放送?の「う」(^^ゞ

◆動く…といいな◆

 もやは…しりとりになっていませんが…。

 只今迷走中につき…ご容赦願います(^_^;)

 ホンマモンの「う」は、明日…✿

◆よそのブログで見ていて、一度やってみたかったので試験的にやってみました(笑)

 ゴミがかなり目立ちます…(-_-;)

 

 

しりとり切り絵・21日目・シュモクザメ→「め」

◆迷走◆

 1、定まった道や予想される道を大きく外れて進む事。

   「――する航空機」 「――する台風」

 2、(比喩的に)物事の進むべき方向が定まらず、結論がなかなか出ない事。

   「日銀総裁人事が――する」 「議論が――する」

  (デジタル大辞泉より)

Img141


◆久し振りに下書き全くなしで作りました♫

 お蔭で(?)最初横位置で始めてしまい、途中で気付いて縦位置に直しました。

 まさに「迷走」(笑)

 「いつも下書きしてたの?」と言われそうですが、

 しりとり切り絵の分は一応しております…。一応…。

 

2012年7月22日 (日)

しりとり切り絵・20日目・カルトゥーシュ→「しゅ」

◆シュモクザメ◆

 撞木鮫、ハンマーヘッド・シャークとは…。

 メジロザメ科に属するサメの総称。

 頭部が左右に張り出してその先端に目と鼻腔があり、

 鐘や金鉦(キンショウ・日本古来の打楽器。すき焼き鍋をぶら下げたようなもの(^_^;))

 を打ち鳴らす丁字型の撞木のような頭の形をしていることから「撞木鮫」。

 英語では頭を金づちに見立てて hammerhead shark (金づち頭のサメ)☚そのまんま(笑)

 と呼ばれている。

 (緑字以外はウィキペディアより)

 

Img140


◆サメにしては珍しく、100~200匹くらいの群れになるのだそうです。

 夏場に日本沿岸に現れて海水浴場が閉鎖される…と言う ニュースを

 何度か見た事があります。

 近隣の方及び仕事等の関係者さんには大変申し訳ないのですが、

 その上空から撮った映像は…とても美しく、毎回感動しています。

 左右に目が離れているので他のサメより「立体視」が出来るそうですが、

 離れすぎている為真正面は死角になっているそうです。

 

 

 

2012年7月 4日 (水)

しりとり切り絵・19日目・いか→「か」

◆カルトゥーシュ◆

 カルトゥーシュは古代エジプトで使われていたヒエログリフの文字(記号)の一つで、

 ファラオの名前を囲む曲線。

 カルトゥーシュは元々「ロープ」の象形文字であり、「取り囲む」を意味していた。

 周りを取り囲み保護する事からファラオの名前を囲み、保護しているのである。

 棒状の部分が結び目を表しており、名前は結び目の反対側から読みはじめる。

 (ウィキペディアより)

Img139

◆↑これで「エミュウ」と読む…らしいです(笑)

 日本人にとっては「ちょっと変わった位牌」にしか見えませんが…(^_^;)

 上から 「葦の穂」 「フクロウ」 「2本の葦」 「うづらのヒナ」 だそうです。

 

 それから…。

 前回のブログ更新がなんか変になっておりましたsweat01

 すみませんでした<m(__)m>

 これが本当の19日目です❤

 

2012年7月 2日 (月)

しりとり切り絵・18日目・砂時計→「い」

◆イカ◆

 イカ(烏賊)は、海生軟体動物の一群である。

 分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形目(または十腕形目)とされる。

 (ウィキペディアより)

Img138


◆イカは、見てヨシ、食べてヨシ♫

 泳ぐ姿も半透明な体も形も美しい❤

 生でも干しても煮ても焼いても浸け込んでも美味しい❤

 特に、大阪梅田の某百貨店地下のイカ焼き✰大好物です❤

 

  関係ないですが、久し振りに切り絵を作ろうと取り掛かったのは良いけれど、

 完全に作り方(?)を忘れており、しばらく固まってしまいました。

 思い出したところで……、ま……、こんなもんですが…(笑)

 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

フォト

私の大好き異空間 Ms.NAOMI さん による 「ドールの世界」への扉です。

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ